こんにちわ~(^_-)-☆

 

皆さん、『補聴器』というとお年寄りがつけるイメージがあり、

特に「使っていることに気付かれたくない」という人が多いそうです。

なるべく「目立ちにくいものがよい」とのお声があり

補聴器の小型化、お肌に馴染みやすいベージュが好まれています。

 

最近では、各補聴器メーカーからもカラーバリエーション豊富で楽しめるものや、

本体のカバーをお好みのデザインに着せ替えて使用するといったものまで販売されています。

(下記写真一例)

photo6

 

 

 

 

 

さらに個性をプラスして ”魅せていく” 時代になってきています。

 

それが、今注目の『デコ補聴器』です。

 

当店でも耳元のおしゃれのお手伝いができればと。。。

当店のネイリストが

まず手始めにケースから

DSC00470

 

 

 

 

 

 

補聴器ということで音符♪♫の装飾をあしらってみました(^^♪

音符の中はかとうのKの文字を✨

 

続いては、耳あな型補聴器のフェイスプレート部分を装飾✨

(※サンプル品のため電池BOXカバーがありません。)

DSC00468

 

 

 

 

 

DSC00467

 

 

 

 

 

DSC00469

 

 

 

 

 

 

 

さらに耳かけ型補聴器を

ラメと花柄模様🌸で和柄に。

DSC00474

 

 

 

 

 

DSC00481

 

 

 

 

 

 

 

 

現在は試作段階のため受注は承っておりませんが、

ご要望があればお受けしますのでお気軽にお申し付けください(*‘∀‘)

もちろんメガネケースでも大丈夫ですよ!!

後日詳細もUP致します(*‘∀‘)

 

※尚、2015年6月1日の道路交通法一部改正により、自転車の取り締まりが強化されました。
都道府県によりますが、補聴器を使用して自転車を乗られる際は注意して下さい!
(イヤホンと紛らわしく、誤解を招く恐れがあります)